未分類

土地を売却する時の申告手続きとその2つのパターンとは

2017/09/12

何らかの売買をしますと、大きなお金の動きが生じる事はあります。不動産に関する売買は、特にその傾向が顕著です。
土地を売る時にも、同じ事は言えます。それで大きなお金が動く以上は、税金に関するやり取りも生じる事になるのです。そして土地を売る時には、必ずと言って良いほど確定申告の手続きを行う必要はあります。
ところで土地を売却するのは、主に2つのパターンが考えられます。もちろん土地を売却する事で、利益などが発生する事はあるでしょう。売却額を受け取る事にはなるからです。
その場合は、原則として譲渡所得という分類で確定申告を行う事にはなります。もちろん、それには所定の計算式もあるのです。
それともう1つのパターンは、土地の売却による損失発生です。800万で購入した土地を600万で売却すれば、差し引き200万分の損失にはなるでしょう。
その時には、譲渡損失という分類になります。上記の譲渡所得とは、計算方法がやや異なる訳です。
このように2つのパターンはありますが、いずれにしても土地を売却した時には、必ず確定申告の手続きは行う必要はあります。その際の計算式や書き方など詳細については、税務署などに相談して申告を行うと良いでしょう。

-未分類
-