たとえ安めでも買取に踏み切る?あえて土地売却で損切りをする理由

売却には、損切りという概念があります。損が拡大する可能性があるなら、いっそ早めに売却する方が望ましい事もあるのです。
土地を売る時にも、同じ事が言えます。長期化に伴って損失が大きくなる見込みが大なら、早めの買取などを検討する方が良い事もあるのです。
例えば、次のようなパターンがあります。ある時に、土地の売り出しを行っているとします。事前に不動産会社からは、買取価格は600万と伝えられている状況です。しかし600万では少し安いと思ったので、700万や800万などの売り出し価格を待機している状況だとします。
ところが、なかなか買い手が付かない事もあるのです。スムーズに800万という数字の問い合わせが生じれば良いですが、なかなか連絡が来ない事もあります。そうこうしている内に、それなりの年月が経過しました。
こういう時には、いっそ600万で売却する方が良い事もあるのです。確かに少し待っていれば、高めな金額になる可能性も一応あります。
しかし、それよりも土地価格の下落の方がリスクが大きい事もあるのです。数ヶ月ほど経過すると、買取り価格が500万などに下がってしまう場合があります。
価格の下落幅が大きいなら、いっそ早めに買い取りに踏み切る手段もある訳です。なかなか買い手が付かないと見込まれる時には、600万での損切りを敢行する方が良い事も意外と多いです。

土地を不動産会社で売る